速く走ることを学ぶ方法(練習のセット)

早く学ぶ 正しく実行する 過酷なトレーニングをすることもできません。フリーモスクワレースの前夜に、走るためのエクササイズのセットを見せたい。

私はすべてのジョギング愛好家にランニングのための8つの簡単なエクササイズのセットを提供します。それは約15-20分かかり、素晴らしい結果をもたらします。あなたがジョギングの前に週に3回それを定期的に実行するならば、非常にすぐにあなたは速く走り始めたことに気付くでしょう。これらのランニングエクササイズは、ランニングに関わる筋肉を強化し、持久力を伸ばし、そしてテクニックを向上させます。各演習では、2-3のアプローチが実行されます。繰り返しの数は、あなたの体力のレベルに応じて自分自身を選択してください。

1.ひざまずいて走る

バウンス、前方に移動しながら膝を交互に高く上げます。背中がまっすぐで、腹筋が引き締まっています。かかとが床に触れてはいけません、運動はつま先で行われます。

何のために:大腿部の回旋腰椎と大腿四頭筋が強化され、ランニングテクニックが向上します - 足が正しく置かれ、大腿部が取り出されます。

お尻にかかと

高所へジャンプして、お尻にかかとを持って行こうとしている場所で走ってください。背中はまっすぐで、腹筋はひっくり返っています、腕は通常のランニングの間のように異なって働きます。膝 - 股関節の下。

何のために: 筋肉は太ももの後ろを強化し、足は適切に座面上に立つようになります。

ランニングジャンプ

積極的に足を押しながら、前進しながら足から足へとジャンプします。手が逆に動く。

何のために: 運動は足の筋肉を強化し、走りながら反発力を高め、スピードを上げるのに役立ちます。

4.足の位置を変えてジャンプする

ポーズ - 開始時と同様に、片足を前に進めました。ジャンプ中に、足の位置を変えます。かかとは床に触れません、背中はまっすぐです、腹筋は引き締まります。実行時と同じように手が動きます。

何のために: ふくらはぎの筋肉、腰、お尻が強化されています。ランニング中の運動は情報技術や腰や足の変化の希薄化を改善します。あなたが素早く行動するならば、それは走るスピードを上げるのを助けます。

5.指を半分持ち上げる(スプリング)

開始位置 - 立ち、足の幅は肩幅。息を吐きながら、半指を上げてふくらはぎの筋肉に負担をかけながら、吸い込みながら、開始位置に戻ります。

何のために: ふくらはぎの筋肉が強くなり、足を鍛えます。運動はランニングスピードを上げ、関節への負担を減らすのに役立ちます。