頚部骨軟骨症に対するヨガパート1

伝統的な方法によってだけでなく、ヨガの助けを借りても頸部骨軟骨症を治療することは可能です。これが21のエクササイズの時計複合体の最初の部分です:それは痛みを和らげ、幸福を改善します。

頸骨軟骨症は、頸椎症または頸椎の椎間板ヘルニアとも呼ばれます。簡単に言えば、 首の椎間板の損傷.

危険因子:60歳以上、急性関節炎、脊椎手術または頸部損傷。椎間板が損傷を受けると、椎骨は互いに摩擦し始め、隣接する神経に圧力をかけます。重症の場合、骨が移動することがあります - これは首と頭の激しい痛み、頭を回転させることができない、頸部の感覚の喪失、そして手の脱力感を伴います。

頸骨軟骨症エクササイズ

頸部骨軟骨症と診断された場合は、医師の許可を得て、処方された治療方法にアーサナを追加することをお勧めします。 2〜4週間後に2つ目のレッスンを追加し、可能な限り、徐々に毎日の練習に移る、週に1つのレッスンから始めます。さらに、私はお勧めします:

- しっかりしたマットレスと正しい高さの枕で寝る:首の曲げ角度は15度を超えてはいけません。

- 毎日10分以上の温かいシャワー、またはサウナとお風呂:けいれんを和らげるのに役立ちます。

- 定期的な散歩や低ペースでの有酸素運動

- 水中で牽引しながら泳ぐ。

頸部骨軟骨症を予防するために、この複合体を週に2〜3回実行してください。私はまた助言する:

- 25歳以上の方は、背骨に衝撃を与えないでください(ランニング、ジャンプ)。

- 座っている間に1時間に5分休憩する。

- 車内でシートベルトを使用する。座席を着用していない場合は、突然のブレーキングや衝撃の後、体が頭よりも前方に急に動き、首を傷つける危険性がはるかに高くなります。

- 公共交通機関の前の座席に座ること:通常後ろからもっと揺れる。

私が提供するアサナの複合体を実行するには、3つの問題を解決する必要があります。最初は筋肉を弛緩させることです。治療の過程で、これはけいれんを和らげるのを助けます、そして予防の場合には、それは筋肉ブロックを取り除きます。あなたはアーサナの練習にヨガニドラと心を落ち着かせるプラナヤマを追加することができます。

第二の仕事は、背骨のすべての部分を確実に伸展させることです。三つ目は、首、肩帯、胸、背中上部の筋肉を強化することです。

各アーサナは、2回行います。

Vrikshasana

実行方法: まっすぐに立ち、足をまとめる。あなたの手にストラップを置きます:あなたの腕を上に伸ばし、肩の幅を離しておくループを作ります。それからあなたの右膝を曲げ、あなたの右踵をあなたの鼠径部にできるだけ近いあなたの左大腿部の内側に置きます。右膝を横に向けます。つま先をまっすぐにして、より安定して立ち上がると、バランスを保ちやすくなります。あなたの腕をあなたの頭の上に伸ばします。ポーズを数秒間保持します。位置を終了し、右足を支えてアーサナを繰り返します。

用途は何ですか? 姿勢は首や背中上部の筋肉を引き締め、また足の筋肉を強化し、バランス感覚を発達させます。

ウティタ・トリコナサナ

実行方法: 椅子の座席に向かって立ち、左足で飛び出します。左足を左に垂直に広げ、右足をわずかに左に広げます。ケースを左に回して腕を横に伸ばします。息を吐きながら、右に寄りかかり、右の手のひらを椅子に置きます。左手を引き上げます。上からの手が前後にずれないことを確認し、膝蓋骨を引き上げ、腰を曲げないでください。呼吸を安定させながら、30秒間保持します。吸っている間、あなたの左の腕を緊張させ、そして起き上がり、椅子に向きを変え、足をつなぎ、そして反対方向にアーサナを繰り返す。

用途は何ですか? 姿勢は首や背中からの緊張をほぐし、たたむことからほっとし、そしてまた足の筋肉を強化しそして股関節を開く。