みそぎ瞑想

洗練された日本の瞑想だった - 実行中に「壊れた」、テストに耐えることができなかった、有名な侍。みそぎは誰にでも手に入るようになりました。年配の人でも子供でも簡単に合格します。確かに、この瞑想は変わりました。

みそぎの習慣は、他のほとんどの日本の瞑想技法と同様に、神道(古代日本の宗教)に由来しています。修道士はそれを神の謙虚さ、幸福、忍耐力と崇拝を培うために使いました。みそぎはだんだんと侍の日常生活や忍者とヤクザの一族の代表にまで移っていった。伝説の戦士たちは、みそぎにふけるなど、さまざまな方法で自分の体、心、そして精神を訓練することによって自分自身を教育し、完成させました。 総本のぎょう。ロシア語の「みそぎ」は「身体と心をきれいにするために川に飛び込む」という表現で言い換えることができます。これはまさに修道士と戦士がしたことです - 彼らは氷の水で何時間も過ごし、霊の力を訓練しました。次の数日間、瞑想者はポーズをとって座った。 せいざ (膝の上)、聖典を繰り返します。

硬化と祈りを疲弊させることに加えて、特別な呼吸法 珠洲 (重金属の鐘)。みそぎの参加者は(そして数百人もいるかもしれませんが)鐘を打ちながら同時にある特定の音節を叫びました:「あまりにも多くの人」。ベルリンギング、激しい泣き声、そして深呼吸の組み合わせは、徐々に最大の意識の集中と驚くほどの知覚の明瞭さを体験しながら、だんだんとみんなが落ち込んでいったという事実に貢献しました。みそぎが行われていたほとんどの日本の軍事学校や神道修道院では、瞑想者はただ彼らと一緒に空気を振るだけではありませんでした。 珠洲そして、追加の耐久テストとして、彼らは正面に座っている隣人の後ろで金属の鐘で殴打されました。瞑想の間、各参加者のバックボーンは10,000強の巨大な強さを維持しました。または立つことができませんでした、これも常に起こりました。

今日、元の形のみそぎは公式に1か所だけ - 武道の一等会の日本の学校で練習することが許可されています。この残酷な瞑想の大ファンである伝説的な侍山岡テスを記念して1922年にオープンしました。今日、勇敢な魂は世界中からやって来ます。主に日本の格闘技が人生の不可欠な部分となっている人たちです。みそぎへの入場は義務医療保険です。

いちく会を除いて伝統的なみそぎがどこでも練習されなくなったという事実は、それが完全に忘れられているという意味ではありません。それどころか、今日ではこのやり方は修正された形ではあるが、傑出したマスターである東平浩一の活動のおかげで非常に人気がある。彼は古代の瞑想のプロセスを変容させ(古い形の味噌の支持者は通常「去勢された」動詞を使いますが)、そこから宗教的な倍音を取り除き、残酷な要素を衰弱させます。今日では、Tohei Koichiの例に従って、世界中の合気道の達人が彼らの学生のためにミソギの軽量の形を使う - 短い呼吸瞑想を使って 珠洲 (今回は参加者は互いの背中を節約しながら空中で鐘を振っています)、そしてこの音に彼らの武道は発達しそして固まります。

モスクワでは、味噌は現在、合気道学院でのみ開催されています。参加者の間では、合気道や他の種類の武道に従事していない「路上から」人々に会うことがしばしば可能であることは注目に値する。彼らは、この慣行が彼らが彼らの心をきれいにしそして彼らの内部資源を強化することを可能にしそして彼らが彼らの主な目標に集中することを彼らに教えることを主張する。 「一気に数十人が鳴り響き、息を吐き、悲鳴を上げたとき、そのようなエネルギーの猛攻撃の前に、あらゆる憂鬱、疲労、またはストレスが後退するでしょう」とアカデミーの魅力的な女性は言います。 - 先生とのセッションをスキップすることを許可することがあります。しかし、瞑想に来ないために - 私はそのような考えさえもしたことがありませんでした。」

味噌からの変態は、古代の技術が現代の状況に適応したもう一つの例です。これは、いったん個人が利用できるようになった複雑で深刻な慣習が、何百万もの普通の人々のためのほぼ日常的な活動になった例です。確かに、それがほとんど仙骨のテクニックを呼ぶのが正しいかどうか、そして同じ名前の「味噌」と合気道部と学校で現在行われていることは大きな問題です。