Tatyana Lisitskaya:腰の形を改善する方法

腰のスリムさを維持するためには、太ももの内側と外側の表面の筋肉を鍛える必要があります。この簡単な演習と2つのテリータオルで役立ちます。

私たちが歩くとき、走るとき、座るとき、起きるとき、階段を上るとき、主に太ももの前と後ろの筋肉を動かします。しかし、日常生活の中で大腿部の内外面の筋肉(外転筋および内転筋)はほとんど使用されていないため、これらの領域ではたるんだりセルライトになったりします。さらに、大腿の内転筋および外側筋の衰弱は膝関節を不安定にし、これは怪我をはらんでいます。そしてそれに加えて、腰の筋肉が弱いため、長時間歩くと股関節が痛くなります。

足をきれいに保ち、関節を健康に保ちたいのであれば、特別な運動をしなければできません。それらの中で最も有名な - 腹臥位から横に足を振ります。それらはウェイト、エキスパンダ、または特別なスライドトラックで実行されます。しかし、これらの演習の助けを借りて効果を達成するためには、少なくとも20分、少なくとも一日おきに練習する必要があります。そして、これはしばしば十分な時間ではありませんが、基本的には単に怠惰です。

私はあなたに簡単な、しかし非常に効果的なエクササイズを提供します。そして、それは10分を週に2または3回実行するのに十分です。これらは床の上を滑る動きです。あなたが必要とするのは滑らかな滑りやすい床(例えば寄木細工の床またはラミネート)と2つのテリータオルです。タオルの上に立って、足を広げながら床の上を滑る必要があります。前方、後方、斜めまたはスキーやスケートを真似ることです。試してみてください。

次回は同じタオルを使って乳房の形状を改善する方法をお教えします。